記録簿で判断

事故車かどうか。「記録簿」で判断しよう。


車を購入するということは、決して安い買い物ではありません。
なるべくであれば事故車を買うのは避けたいと考えたり、トラブルの少ない車を選んで購入したいと思うのは当然の心理でしょう。
そこで判断の基準になるのが、「点検整備記録簿」と呼ばれる書類です。

これは車の定期点検を受けたときに作成されるもので、その内容を読めば点検が行われたときの車の状態がわかるようになっています。
本来車を新車で買った際にはメーカー発行の記録簿が付属してきますので、これが無いという中古車の場合は警戒が必要になります。

つまり、これに何らかの事実が書かれており、それを知られたくないために処分されたという恐れがあるのです。
最も考えられるのが、走行距離でしょう。
この記録簿には点検の日付と、その時点での走行距離が記録されています。
ですので、中古車販売業者で走行距離メーターを戻したことを知られないようにするために記録を処分した恐れも否定できません。
また、過去に事故を起こした事故車の整備記録を処分することによって「事故車である」ということをお客に知られないようにしているのかもしれないと考えることも出来ます。

こういったように、記録が無いということは大きく信用を損なう行為です。
一見して車が事故車には見えず、また状態も良さそうであるにも関わらず記録がない場合は、率直にディーラーの担当者へ確認を取るとよいでしょう。

場合によっては、前のオーナーが「記録簿に乗っている自分の氏名などの情報を見られたくないから」といった理由で勝手に処分してしまっていることがありますので、そういった事情をすぐに説明してくれるのであれば、そのディーラーはある程度信頼のおけるディーラーとして判断することができるでしょう。
そこでもしも、記録がなくなっている理由がわからない、というのであれば車の過去が不透明であるということになってしまいますので、購入するかどうかは一旦考えた方が無難といえます。

ただし、事故車も高値で買取をしている業者もあるため、案外高く売れる場合もあります。

Copyright© 2014 その車本当に事故車ですか? All Rights Reserved.