事故車の査定落ち

事故車の査定落ち、どのように扱うのか。

査定落ちとは、車が事故にあったことで、十分な修理を施した後であっても車の価値が事故前の価値よりも低くなってしまうことです。
格落ち・評価損と呼ばれることもあります。
一度事故車として修復暦がついてしまうと、中古車市場に売りに出す際には大きくその価格が下落してしまうことがあります。
現実として、同じ価格で同じコンディションの事故車と中古車があるとすると、消費者は間違いなく事故車ではないほうを選ぶのですから、事故車の商品としての価値の下落は間違いなく存在していると言えるでしょう。
また、車は事故を起こした後でも、十分な修理をすれば事故前と同じ価値が出るのかと言われれば、必ずしもそうならないことがあるという風に答えざるを得ません。
例えば修理技術の限界があり性能や外観を復旧させることが出来なかったというケースが考えられますし、事故当時は異常が無くとも、暫く乗っているうちに事故の衝撃を受けていた部品が破損することもあります。
加えて事故にあったことで「縁起が悪い車」として扱われてしまうということも、事故による車の価値下落として扱うことが出来るでしょう。
しかしながら、どういった理由で査定落ちが発生するかという点は第三者から見ればわかりづらい点であることもあり、こうした事故車における価値の下落を相手に請求することは中々難しいのが現状です。
ただ、事故車となる前に車を中古車として下取りに出しており、下取り価格が明確に提示されている場合においては事故によって査定価値が下がった分の金額を請求できるケースもあるとされています。
この場合は、事前に中古車販売業者という第三者によって「車の価値」が金額として明確にされており、事故によって発生した価値の下落は「車の価値下落」であると判断できるからです。
基本的に事故車の査定落ちは、「事故によって下落した価値」が明確化されていない限りには、補償されないものとして考えた方がよいでしょう。

Copyright© 2014 その車本当に事故車ですか? All Rights Reserved.