最近の投稿

「修復歴」と「事故車」

事故車、修復歴の違いについて


消費者が一般的に「事故車」という場合、それは事故がいつ起きたか、またどのような事故だったかという点に関わらず、事故を起こした車=事故車として言われるのがほとんどです。

そして、こういった車は一般的に中古車市場などにおいても敬遠される傾向にあり、事実として事故を起こして修理をした車は査定価格が落ちてしまうことが殆どです。しかしながら、実際の中古車販売業者などは「事故車」という言葉を用いず、「修復歴のある車」といった言葉で表現をするようにしています。

この二つの表現は「事故によってどのような箇所に影響があったか」という点で区別がされています。
具体的なその判断基準として使われるのが、サイドメンバー、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、コアサポートという、9種類の部品です。

これら9種の部品は基本的に車が正常なコンディションを保つためには絶対必要とされている骨格部分の部品として扱われているため、これらを交換した場合にはその車に対して「修復歴」というものが付加されることになります。

逆に言えば、これらの部品を交換するに至らなかった修復や加工、つまりバンパーやドア、ボンネットといった外装にあたる部品の交換や、車の全塗装といった作業に関してはどれだけ手が加えられたとしても「修復歴のある車」としては扱われないということになります。

また、この二つの言葉においては中古車販売業者の義務という点でも差が出てきます。ここまでに挙げた修復歴があるとされる車の場合、業者は販売をする際にどのようなことがあったかということを消費者に対して説明し、告知をする義務が生じます。

ですがそういった場合ではない事故車の場合は、その車が事故車であるということを告知する義務を負いません。
とはいえ、良心的なディーラーであれば過去に故障や事故があり、それを修復しているということは説明してくれるで

Copyright© 2014 その車本当に事故車ですか? All Rights Reserved.