軽度な事故車

軽度な事故車。その価値の変化は?


現在、中古車市場には様々な車が商品として並べられています。その中にはたまに、「事故を過去に起こしてしまった」という理由から通常の価格よりも安く設定されているものがあります。こういった車は俗に言う事故車となりますから、安く設定されるのは消費者としては当然であると思うと同時に、それは本当に価値があるものなのかという点を疑問に感じることも少なくないでしょう。事故車と一口に言っても、その状態は様々です。

極端な例を挙げていうのであれば、全速力で電柱に衝突した車は事故車ですし、自宅の塀にドアをこすってしまったというだけでもそれは事故車として扱われることがあるでしょう。よって、事故車にも「軽度なもの」と「重度なもの」の二種類があるといえます。

軽度なものであれば、車のボディに傷がついてしまったために板金加工をしており、その痕が残っているというものがあります。これは外見こそ事故の痕が残ってしまっていますが、車の性能に関係のある部分には全く手が加えられていないと予測されます。そういう車であるとすれば、市場で評価される際の価値は下がってしまっていますが、その車の性能という面から見た価値はほぼ変動していないといっていいでしょう。

ですが重度なものの場合は、そうもいかないということが多いです。特に車のフレームに至るような大きな事故を起こし、それを修理しているといった場合では、乗っていて後々になってから問題が出てくるといったケースが考えられます。

主に発声すると考えられるのは微量の冷却液漏れが積み重なってエンジンが壊れてしまったというケースや、足回りのズレなどからタイヤの磨耗が早くなってしまうといったケースです。

結論としますと、事故車はその呼ばれ方から敬遠されがちですが、その事故が軽度なものであるならば、消費者が印象として考えているほどの影響が出ていないということも考えられるのです。

特に中古車を購入する場合などは、この点を抑えておくことで「性能はそのままだけど、小さな事故を起こしたから安くしてある」という、ある種「お買い得」ともいえる車を見つけることが出来るでしょう。

Copyright© 2014 その車本当に事故車ですか? All Rights Reserved.